地デジ時代 2011年7月

地上アナログ放送の停波予定は2011年7月24日と言われています。それに伴い、最近では既に地デジ(地上波デジタル放送)に切り替わっているエリアもあります。
完璧に切り替わってしまえば、現在のアナログ放送の設備のままではテレビの視聴ができなくなってしまいます。
地デジの設備に切り替えるには、各々の環境にあったアンテナやチューナーを揃え、工事しなくてはなりません。
今の内からアンテナやチュナーの購入に関して検討しておくのも遅くはない判断だと思います。
アナログ放送から地デジへの切り替えのデメリットとしては上記に記述したとおり、アンテナやチューナーの切り替え工事や、エリアによっては設備工事といった事をしなくてはならないと言った事があげられます。
メリットとしましては、アナログ放送に比べると断然に画質が良くなると言う事、そして、番組録画や番組表を観たい際にも、チューナーにより受信する電子番組表から直に、動作させる事ができるという事があげられます。
それにより、現在、パソコンでテレビを観たり録画する際の作業のほとんどが地デジの機能により可能になるので、アナログ放送の時代では考えられないくらい便利な時代になると言えるでしょう。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。